スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパの入院記録 Ⅲ

少しずつ良くなってきていたパパだけど、
転院後の髄液の検査髄膜炎の原因がわからず、
まだ細胞数があるようで、12月8日に入院して3回目の髄液を採られたパパ。
結核菌からの髄膜炎もあるようで、
もし結核菌が原因だとすると薬を9ヶ月近く服用しなければいけないとか。
そういうこともあり、何度も髄液を採られるパパ。

点滴も外れ、頭痛時の痛み止めもほとんど飲まなくなってきて、
入院生活が苦痛になってきたパパ。
12月10日に初めて外出をしました。
10時半頃病院に迎えに行き、家まではパパが運転(*^o^*)
20141121-1221⑩

そして、週末の12月13日には外泊もしました。
外泊は送り迎えも1日1回なので楽でした(笑)
チャイくんも遊んで遊んでと飛びつきます。
20141121-1221⑪

引っ張り合いをして遊んでもらいました。
この頃はかなり元気になっていたので、
「もう退院してもいいんだけどな」と言っていました。
担当医からは「良くなってきちゃいましたかぁ」
とちょっと困った様子で言われていたとか・・・
20141121-1221⑫

12月14日は第47回衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査の投票日。
家族みんなでチャイくんの朝のお散歩もかねて投票に行きました。
体力も落ちているパパはちょっと疲れたみたいだけど、
元気になってきたんだなという実感をしました。
20141121-1221⑬

投票をすると投票しましたよというしおりのような用紙をくれるんです。
その用紙はチーちゃんに受け取ってもらいました。
20141121-1221⑭

病院食はまったくうけつけず、
食事の時間になると匂いが耐えられず病室から出てしまっていたパパ。
コンビニ弁当も味が濃く、あっさり系がないので、
食パンやカップめん(うどん)やヨーグルト等を食べていたパパ。
私もできる限り何かを作って持参したりしていたけれど、足りないよね。
寝ていることも多いので、筋力も落ちてかなり体重が減ってしまい、
一時はあと1キロ弱減れば60キロ台にまでなってしまいました。
でも、少しずつ食べられるようになってからは、
元気にもなってきて、退院する前には体重も数キロ回復しました。
食べられるってすごいことなんだなと感じました。

12月15日は私の誕生日。
お義母さんがケーキを買ってきてくれました。
なんだかのんびりしたくて、パパの病院に行くのはお休みしてしまいました。

12月17日は私が頭痛と吐き気だダウン気味。
でも、朝夕のチャイくん散歩と、チーちゃんを食べさせることはしないといけないので、
体力温存のために布団で過ごすことが多かった日。
当然この日はパパの病院に行くのもお休み。
寝ていると次々と遊ぼうとやってくる子どもたち(笑)
20141121-1221⑮

犬って飼い主が弱っているとそれを感じて寄り添ってくれたりすると聞くけど、
うちのチャイ坊ちゃまはそういうことはまったくありません(;-_-) =3
私の機嫌が悪いときは少し離れて上目使いに様子は見ているんだけどね~。
20141121-1221⑯

そして12月18日、朝起きると外は一面銀世界。
これおは翌日の12月19日のチャイくん散歩の時の写真。
田んぼに積もった雪の中を走っているチャイくん埋もりそう(笑)
20141121-1221⑰

チャイくんの体が雪と同化していました。
スノータイヤがなかったので、12月18日もパパのところには行けず、
12月19日に行った時にはパパの所持金150円くらいになっていました(≡д≡)
20141121-1221⑱

外泊した週末明け週にまた髄液を採られたパパ。
週1回ペースで4回も採られていました。
この時は頭のMRIや眼底検査、内臓のエコー等もされたみたい。
検査後から不調になって病院に行っても寝ていることが多くなってしまったパパ。
そんな中12月19日に退院が決まり、こんな状態でいいの?という感じでした。
結核菌ではないということで、状態も良くなったので退院。
車酔いをして自宅前で嘔吐してしまうパパ。
帰宅後そのまま布団にGOでした。

それでもお昼は薄味のうどんにしたら完食。
夕食もおかわりするくらいの勢いでした(= ̄▽ ̄=)
煮物系やマヨネーズ系は気持ち悪くなるようで、
から揚げとかは大丈夫だったのが不思議。
なんだかつわりみたいだなと思った私でした。
私も煮物系はダメでから揚げは大丈夫だった(笑)

パパが退院した翌日、チャイくんはシャンプーに行ってきました。
あれだけ退院するまでは不調だったパパが車で連れて行き、
クリスマス前に白くふわふわになって帰ってきたチャイくん。
写真じゃいつもと変わらないんだけどね。
20141121-1221⑲

12月の1週目に来た母が、
私が体調不良になったこともあり、12月19日にまた埼玉から来てくれました。
その日は母と一時保育のチーちゃんをお迎えに行ったところ、
私でなく、母のところにまっしぐらでちょっとショックでした(T▽T)
この日はずっとぐずぐずしていたとのこと。
チーちゃん風邪気味で預ける前に病院に連れて行った際、
医者からは可能なら自宅で過ごすのが良いと言われたのだけど、
私もしんどかったしそのまま一時保育に預けてしまった私。
本調子でなくかわいそうだったなと罪悪感に苛まれました。
ごめんね、チーちゃん。

母が12月22日には埼玉に帰ってしまうので、
前日にクリスマスケーキを買ってきました。
20141121-1221⑳

クリームがあまりついていないところをチーちゃんも。
すっかりケーキの美味しさを覚えてましいました。
20141121-1221⑳-1

目の前にあるとほしがるので、大人もちゃっちゃと食べないといけません。
チーちゃんに求められる前に食べないと!と食べるので、
最近味わってゆっくりとが減った気がします。
20141121-1221⑳-2
パパもケーキ食べられたんです( ̄▽ ̄)
その後どんどん体力も戻ってきて1月14日から仕事も復帰しました。

義母、母、その他たくさんの人の助けでパパの入院中の間、
なんとか乗り切ることができました。
普段の生活もそうだけれど、周囲の人に感謝、感謝、感謝です。

2014年は、春はチーちゃんが入院。
夏には義母が入院&手術、そして冬はパパの入院。
チャイ家では私だけ入院はしなかったんだけど、
入院したら我が家はどうなっちゃうんだろう・・・
想像すると恐ろしくなってしまいます。
健康第一!無理せず元気に毎日過ごせるようにしたいと思います。

これにてパパの入院記録は終了。

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
↑ぽちっとワンクリック頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト

パパの入院記録 Ⅱ

11月21日から体調不良になって25日から入院し、
28日に専門医のいる病院に転院したパパ。
髄膜炎の頭痛は相当つらいものらしい。
でも診察の時にはそこまで頭痛がつらいと訴えていなかったので、
それほどとは思っていなかった私。
私なら「頭がぁ頭がぁ!」と転がりまわっていたかも…

転院しても症状は相変わらず、熱と頭痛は変わらず点滴も常時つけている状態。
でも、熱が下がるときは36台まで下がることも増えてきたみたい。
病院に1時間いても、常に体調が良い状態は続かず、
少し話してはベッドで休む状態のパパ。
食事は病院食が合わず、途中から食事なしにしてしまった。

当初から12月2日から実家から母が遊びに来る予定で、
我が家がこんなバタバタなので日を改めようかと母から言われたけれど、
こういう時は人では多い方が助かるので「予定通りに来て~!」とお願いした私。
当日はお義母さんがチーちゃんを見ていてくれるというのでお願いし、
名古屋駅まで母をお迎えに行き、その足でパパのお見舞いに。
でもパパは具合が悪く起き上れずで、母はちょこっと病室に顔出して挨拶。

転院してから担当医が顔出すこともなく、
どうなっているの?とちょっと不満気味だった私だけど、
この日ちょうど担当医が来て、原因がわからないので髄液を採ると言われた。
担当医は30代?とても若く、一緒にいた研修医の女医も若い。
でも、女医はとても気遣いがあり、「ご家族に説明したほうが良いのでは」
と、髄液を採る前に担当医に言ってくれました。
その後は長居せずに自宅に向かいました。

2日後の12月4日は、母とチーちゃんでお見舞いに。
この時には常時点滴ではなくなっていました。
この時は調子が良くて良かった。
でも、チーちゃん重いし、抱っこしているとすぐバテちゃうパパでした。
病院食を止めていたパパ、りんごを切って行ったり、
プリンやヨーグルト、パンや牛乳を買ったり、
少しずつ食べられるようになってきました。
20141121-1221④

翌日の12月5日は私だけで行きました。
この時は、病院内にあるカフェに行きました。
パパはコーヒー、私はホットミルクとアイス。
20141121-1221⑤

これだけだどあら元気そうと思うけれど、
立って歩くのがしんどく車椅子で行き、
注文したものがくるまではしんどいのでお休み中のパパ。
20141121-1221⑥

あまり食べれていないから体力も落ちるし痩せるよね。
後日、この写真を見たパパが「父親に似てるなぁ」と言っていました。
20141121-1221⑦

翌日の12月6日はまたチーちゃんを連れて行きました。
この日は車いすなしでも歩くことができたパパ。
日によって体調が安定しないパパ。
熱の波はずいぶん平たくなってきたみたい。
帰る時、私とチーちゃんは1階でエレベーターを降り、
パパはコンビニがある地下へそのままエレベーターに乗って行きました。
するとチーちゃんが号泣!
地下からまた1階に上がってきたエレベーターのドアが開くと、
中にパパがいないか必死で探していました。
20141121-1221⑧

パパの入院中に12月8日~12月19日までの間で6回一時保育を利用しました。
8時から16時まで利用可能だったけれど、
パパからもいきなり長時間はかわいそうだと言われ、初日は3時間だけ。
最初から大泣きでした。
お迎えに行って私の姿を確認すると、
「ぎゃあ!」とものすごい声を上げて走ってきました。
これは二日目の朝、すでに感じ取ったのか家を出る時から泣き始めました。
20141121-1221⑨
初日以降は9時~14時頃まで預かってもらいました。
私の1日と言えば、起床したら朝食をさせて保育園に送り、
チャイくんの散歩をしてパパの病院に行き、
帰宅して保育園にお迎えに行き、同じ園内の支援センターで少し遊ばせ、
そのままチーちゃんをお義母さん宅に預け、
それから夕食準備をし、チャイくん散歩をして夕食を持ってお義母さん宅に。
その後は帰宅してチーちゃんをお風呂に入れ寝かせるの繰り返しでした。

3~4日に一度はパパ病院に連れて行っていたので、
パパがいなくて様子が変になることは感じられなかったけれど、
一時保育はチーちゃんにとってはショックな出来事だったみたい。
よく行く子育て支援センターが同じ保育園にあることから、
年明けに支援センターに遊びに行った際、保育園に近づくと泣き始めて、
支援センターの部屋に入り、大丈夫だと安心できるまで私の指を握りしめていました。

保育園の入園となると最初は2時間程度の慣らしから始まるけれど、
今回はいきなりだったからかわいそうだったねチーちゃん。

一時保育効果があったことは一つ。
いつも食事が終えると、「ダメよ」と言っても服に着いているご飯や、
床に落ちたご飯やおかずを食べてしまっていたのだけれど、
一時保育の初日に注意され大泣きしていたチーちゃん。
それ以降、服についいているご飯や、
床に落ちたのは私に渡してくれるようになりました( v ̄▽ ̄)

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
↑ぽちっとワンクリック頂けると嬉しいです。

パパの入院記録 Ⅰ

パパが2014年11月26日~12月20日まで入院していました。
だいぶ記憶があやしいけれど、我が家の記録として残そうと思います。
今回は体調不良になってからと入院、そして転院までの記録。

11月21日、仕事から帰宅して「風邪ひいたかも頭が重い」と言い、
夕食をしてたしか頭痛薬を飲んで就寝したパパ。

11月22日、朝は平熱で帰宅後には熱を測ると39度台に。
この日も夕食をしてたしか風邪薬を服用して就寝。

11月23日、朝37度台後半の微熱、朝食も食べられ通常通りに出勤。
この日は日曜日だったので、帰宅後に休日診療所に受診。
診療所で熱は39度台後半、インフルエンザは陰性。
解熱鎮痛薬と抗生物質を処方され帰宅し、薬を服用して就寝。

11月24日、この日は仕事が休みの日。
前日の夜から頭痛と熱にうなされ、「う~う~」とうなりっぱなし。
熱も下がる様子もなく、食欲もなく、
食べると嘔吐してしまい、水もうけつけない状態へ。
チーちゃんが寝返りをするようになってからは1Fの和室で寝ていたのだけど、
冬は感染性の病気も多いので、2Fの本来の寝室へ移動してもらう。

11月25日、状態は変わらず。
熱も下がっても38度くらいで39度台に上がるの繰り返し。
熱が上がるときは寒気がひどく、体を温めると頭痛がひどくなる繰り返し。
市民病院は待ち時間が長いのでと個人病院を受診。
ここでも念のためにインフルエンザの検査をしたものの陰性。
休日診療所で処方された同じ薬と吐き気止めを処方されて帰宅。
熱と頭痛は変わらず、唯一効いたのは吐き気止めで、
すりおろしたリンゴを1/4個分食べられた。

11月26日、状態熱と頭痛は変わらず市民病院受診。
熱も高いことから他の患者さんとは少し離れた長椅子で横たわって待つ。
待つのがつらくて「まだですか?」と看護師さんに何度も聞き、
診察に呼ばれた時は移動もつらくて車椅子を借りることに。
内科に受診したけれど、総合診療だったので時間がかかっていたみたい。
診察(問診と触診)を受けた時点では、
「首の後ろは硬くないので髄膜炎ではないでしょう」と言われ、
尿検査、胸のレントゲン、血液検査をした結果は、
原因は不明だけど、検査結果はそれほど悪い値ではない。
症状が落ち着くまで入院して様子を見ては?と言われ、
市民病院は自宅から徒歩10分だし、病院なら安心だし、
入院して症状が落ち着くのを待つことにしました。
治療は、原因がわからないので、点滴をして頭痛時は解熱鎮痛薬を服用するだけ。
それでも私たちは入院も2~3日程度だろうと思っていました。
20141121-1221①

入院から翌日11月27日も症状変わらず、
翌々日の11月28日も変わらなかったため、髄液を採って調べることに。
結果は細胞数が通常よりあるようで髄膜炎で間違いないでしょうと。
細菌性髄膜炎だと意識障害が出るようで、ウィルス性髄膜炎だろうと言われました。
専門医がいる病院で転院を勧められ、転院することになりました。
「奥さん運転できますか?運転できるなら転院先まで」と言われたけれど、
免許もあるし、自宅周辺は運転するけれど、基本的に運転は苦手な私。
「自信ありません」と即答してしまいました。
そこで救急車で転院先の病院まで行くことになりました。
20141121-1221②

転院する時は初めて一時的に36度台まで熱も下がっていて、
「自分が運転してもいい」なんて言ったりして・・・「何言ってるのダメ!」と止めました。
救急車の中、熱が上がってきたのかじわじわと不調の波がくるパパ。
転院先の病院は私も妊娠中に一度だけ通院したことのある病院。
道中、道を覚えようとしていたけれど、数回曲がるけれどほぼまっすぐ。
これなら私でも大丈夫だったかもと思い、救急車を出動させてしまったことに少し罪悪感。
20141121-1221③
まさかの転院だったので、午後予約していた歯医者をキャンセルし、
チーちゃんお願いしていたお義母さんにも連絡して夕食をお願いしました。

転院先の病院では待合室でけっこう待たされ、一眠りしてしてしまった私。
帰宅すれば犬の散歩にチーちゃんをお風呂に入れないといけないし、
ここで眠れたのは良かったのかもしれない(笑)

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
↑ぽちっとワンクリック頂けるとうれしいです。

~入院生活の記録6日目&退院~

やっとチーちゃんの入院生活の記録も最終回です。

入院してからチーちゃんが一番遊ぶおもちゃがこのしまじろうくん。
起きて目に入ると真っ先にしまじろうくんを取りに行きます。
20140407.jpg

さー、この日はレントゲンや採血の結果で明日退院できるかの診断が下る日です。
この日の朝食もびっくりで、茹で卵がまるまる1個出たんです!
卵は食べさせていたけれど、1回の食事に卵1個を与えたことはありませんでした。
でも、ほぐして食べさせてけっきょく完食しちゃいましたけどね(笑)
20140407②
朝食で卵が出たのに、昼も卵を使った食事が出て大丈夫なの?とも思っちゃいました。

入院中、病院の攻めまくりの食事もほぼ完食状態だったチーちゃん。
入院するまでは牛乳は三口程度で拒否していたのに、飲めるようになりました!
今では朝食時に大人のマグカップ1杯分は飲みます。
でも、朝食以外はそれほど飲みません。
20140407③
ついでにジュース系も飲まなかったのに、飲めるようになりました。

採血ではなかなか血管がわからず時間かかり、2度目で採血成功でした。
最初失敗した後は泣いてしまってかわいそうでした(T▽T)
レントゲンも大泣きでしたが無事に終了し、診察の結果もOK!
午後1番にお手ての針が抜けて、本当にお手てが自由になりました。
20140407④
手の包帯は、針を抜いたので止血のために一時的なもので、すぐ取れました。

さっそく自由になったお手てでご機嫌でパチパチしていたチーちゃんです♪
20140407⑤


それからは退院の準備で大忙しの私。
たった1週間だったのにとても荷物がたくさんになっていました(苦笑)
退院の日は朝食を済ませて午前中に退去したので、
慌ただしすぎてこの日の病院での写真はありません。

久々の我が家で、喜々として部屋をハイハイしまくりだったチーちゃん。
20140407⑥

私たちが留守の間はヨーグルトの減りも遅く、
空容器についたヨーグルトをもらえる日の減っていたチャイくん。
もう戻って来たからね!
20140407⑦

4月8日無事に退院して帰宅すると、4月7日~9日まで連休だったパパが、
1階の和室前の枯れた朝顔のつるをきれいにしてくれていました。
20140409①
多年草の朝顔を植えたものの、冬の間あまり水をあげなかったので、
朝顔出てこないかもと思ったらちゃんと出て来ていたんです。

昨年11月に植えたお花も元気いっぱい!
パンジーはわしゃわしゃになっていて、プランターからはみ出ています。
3株でこんなだから、次回は2株で充分だわね。
ウィンターコスモスはちょっと元気ないかなぁ(@゜Д゜@;)
20140409②

入院中、毎日来て下さり、私の食事を持って来てくれて、
パパの食事も用意もしてくれて、家の掃除等もしてくれたお義母さん。
チャイくんのお散歩を2回も行ってくれた妹さんとその息子さんたち。
パパもお仕事大変な中、早朝や面会時間ギリギリに顔を出してくれました。
そして、心配してくれた実家両親など…
本当にたくさんの方の助けがあり、1週間の入院生活無事に終えることができました。
ありがとうございました。

4月8日に退院したけれど、4月12日に埼玉で親戚の結婚式があり、
退院しても自宅でのんびり休む暇なく、
4月10日に埼玉の実家に旅立つことになるチーちゃんとチャイくんと私でした。
今、その疲れがどっと出ている私です(笑)

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
なんだか忙しかった今月前半…なんとか無事に乗り切れた私にワンクリックを(笑)

~入院生活の記録5日目~

4月2日に入院し4月8日に退院したチーちゃんの入院記録です。

入院5日目の4月6日経過も順調。
翌日のレントゲンや採血と診察結果が良ければ4月8日退院できると言われました。

チーちゃんがくわえているのは、
数日前に病院内のイベントでもらった花の風船。
遊ばせていたらかじり始め、当然バンッ!と風船が割れてしまいました。
泣くかな?と思ったら、楽しくなったようでさらに激しく風船をガリガリ…
20140406①

(/´△`\)ヤメテー!!~私はその音も割れる音も苦手なのよ~(×_×)
20140406②
3つ割れたところで、花が崩れて風船を飲み込んでも危ないので没収。
私ならこんな至近距離で風船が割れたらギャン泣きだったろうに。
今でも、ヒィッ!って感じなのに…チーちゃんあなたは強い子ね(笑)

この日もプレイルームで遊びました。
なんだか怖い怪獣のおもちゃがお気に入りでした。
この日のシャワー&行水の後に前髪を切りました(笑)
20140406③

この日の昼食は、焼きそばかご飯か選べるというので、
冒険して焼きそばにしてみました。
20140406④

当然、家では焼きそばなんて食べさせたことはありません。
お肉も細かくして与えていたけれど、大きなお肉ももりもりと食べていました。
20140406⑤

細い麺も器用に掴んで食べていました。
でも、味が濃かったのか途中で焼きそばには手が伸びなくなり、
甘酸っぱいキウイに手が伸びていました。
20140406⑥
デザートのマドレーヌも初めてだったけど、食べてしまいました。

この日見つけた新しいおもちゃ…それは、ベッドにかかっていた名札。
しゃぶしゃぶしたり、反対側にしてみたりとけっこう長い時間遊んでいました。
20140406⑦
檻の中でも遊べるおもちゃが見つかって良かったね(笑)

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
この日くらいから私の声がかすれてきて、喉も痛くなってきました。
こんな時に風邪かよ~勘弁してくれよ~!
と心の中で叫んだ私もワンクリックお願いします(〒_〒)
プロフィール

チャチャイのチャイ

Author:チャチャイのチャイ
〝ぽれぽれ〟とはスワヒリ語で〝ゆっくり〟という意味だそうです。
2010.12.19結婚した私たち、2011.11にチャイくんを迎え、2013.2にチーちゃんが生まれ、あっと言う間に過ぎて忘れてしまう日常を、マイペースに残していけたらと思い始めました。


チャイ(ジャックラッセルテリア)
2011年9月30日生まれ♂
食べること大好き!
JRTの中でもおっとりしているらしい…
毎日チーちゃんに追いかけられて逃げ回っています。チーちゃんが近づくだけで唸っています。


チーちゃん(長女)
2013年2月生まれ
今までダメと言ってやらなかったことも、最近はやらかしほうだい。
怒ってもおちゃらけてやめないチーちゃん。
言葉もだいぶ増えてきて、「じゃまよ、じゃま」「ママいらない」など連発。
なんでもすぐ「いや!」とあまのじゃく。

チャイパパ
「ちゅ~していい?」と言うと「いや~!」とハッキリ拒否されるようになったパパ。
それでもめげずにチーちゃんに絡んでいます(笑)


チャイママ
毎日「ダメダメ」言っている私。
なるべく言わないようと思うけれど言っちゃいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。